Primary School Program

小学部プログラム

ケンブリッジ プライマリー カリキュラム

ルイ・アカデミーでは世界的に認められているケンブリッジカリキュラムを大変誇りに思っています。ケンブリッジカリキュラムは、生徒と教員の両方を育成するための教材を豊富に提供しています。当校では、この世界的なカリキュラムを導入することにより生徒たちの学習意欲を高めるだけでなく、教員の指導方法も革新的なアプローチにしていきたいと考えます。

Primary Table

ケンブリッジプライマリー

ケンブリッジ中等部

ケンブリッジIGCSE

ケンブリッジ高等部後期GCE Advanced (A) Level

大学

1年生から5年生

6年生から8年生(小6から中2)

9年生から10年生(中3から高1)

11年生から12年生(高2から高3)

世界中の大学及び、日本の大学

ケンブリッジプライマリー 英語

ルイ・アカデミーの英語プログラムは、読む、書く、話すコミュニケーションといった分野において、生涯勉強し続ける熱意をもたらしてくれます。生徒はそれぞれの目的のために英語を学ぶのです。

このカリキュラムは英語を母国語とする生徒のために作成されており、様々な文化的背景を対象としています。また、英語を母国語としない生徒にはESLのプログラムが別に用意されています。




ケンブリッジプライマリー 算数

算数は、分析力や物事をより理論的に判断するのに役立ちます。私たちの算数の授業では、生涯にわたり分析力や、合理的な思考を築くことができます。この科目は大きな3つの領域(Strand)に分かれており、全ての段階において3つの領域を網羅しています。授業では、「数」、「幾何学と測定」、「統計と確率」を学びます。

ケンブリッジプライマリー ICT

情報通信技術(ICT)は今や教育プログラムの一部であり、読み書きや計算と並ぶ新しい科目として見なされています。デジタルリテラシーは小学生を含む全ての年齢層にとって必要不可欠なスキルです。デジタルの世界は広がる一方で、新しい情報を得たり、人々と繋がり、革新をもたらすことができ、このテクノロジーを学習者としての初期から正確に使いこなせることが重要になってきます。また、コンピューティングのカリキュラムは、コンピューターがどのように作られているかを学びます。コンピューターの仕組みや部品の目的を知ることができます。Scratchなどのビジュアルプログラミング言語を学び、コーディングスキルを身につけ、コンピューターは人間が要求するアクションしか実行できないことを学びます。

ケンブリッジプライマリー 科学

科学のカリキュラムは、学習者が自然界について、生涯続く好奇心を育むことを目的としています。自然界で起こる現象に科学的な説明を求めることを可能とし、このカリキュラムは科学を総合的に捉え6つの構成要素(Strand)をもとに成り立っています。これにより、生物学、化学、物理、地球と宇宙、科学的な思考力や科学の環境について包括的に学ぶことができます。

ケンブリッジプライマリー 体育

体育は学校の授業の中でも重要なプログラムです。定期的に適度な運動をすることは、心身の健康を保ち、学力の向上にも影響を与えるとも言われています。小学校で、身体を動かす良い習慣をつけることは健康的なライフスタイルの基本を身につけることができます。

ケンブリッジプライマリー 美術

美術の授業では、生徒が自分自身を表現し、想像力または創造性を刺激しさらに他の分野でも応用できるスキルを身につけます。生徒は自分の能力を最大限伸ばし、思慮深く、自分に厳しくまた果敢な決断ができるように成長します。また、経験に応じて、生徒自身が明確に判断対応できるようになります。

ルイ・アカデミー日本語カリキュラム(JLPT または国語)

ルイ・アカデミーの日本語のカリキュラムは、生徒のレベルに合わせて2つのコースに分かれています。 一つ目のコースはケンブリッジインターナショナルカリキュラムの厳格な基準と日本語能力検定(JLPT)を統合したものです。

JLPTは国際的にも認定された試験であり、N5(日本語の基礎を理解している)からN1(様々な状況下で使われる日本語を理解している)レベルまで5段階に分けられています。 この試験を通過することで、生徒たちにとっては科目単位、また卒業認定、履歴書にも資格として書けるほか様々な利点があります。実際多くの日本企業がJLPTの資格を持つことによって就職にも有利になっていると認識されています。詳細はこちらをご覧ください。https://www.jlpt.jp/e/about/).

2つ目のコースは日本の文部科学省で定められている国語の授業です。日本語を母国語としている生徒や、そうでない生徒にも非常に有用であり、日本語の複合的な理解を求められます。学習指導要領は日本の公立の学校のものに沿っていますのでJLPTの要領とは異なります。




学習項目 - 英語

学習者は、読む、書く、話す、そして聞くという4つの分野で理解力と実力をつけます。効果的なコミュニケーション力をつけ、様々な情報、メディアや文章に応えることができるようになり、次のメリットが挙げられます。

  • 4つのスキルを日常的な場面で効果的に活用できる、自信に満ちたコミュニケーターになる
  • 自分自身を読者として捉え、楽しみのためにも様々な時代や文化の情報を吸収する
  • 書き手として、より多くの人のためや目的のために、明確かつクリエイティブに書けるようになる
学習項目 - 算数

学習者は、算数の原理原則、パターン、機能や関係性に焦点を当てながら、科目を包括的に学びます。 

  • 生徒は数字や計算の能力を身につけ、日常的な状況でも応用ができるようになります
  • ”数学的に物事を考え、捉える”ことはこのカリキュラムの特徴でもあり、生徒たち同士でアイディアを話し合い、推測し解答を検証します 
  • 学習者が”数学的に物事を考え、捉える”時に、積極的に理論立てることができ、様々な事実、手順、概念などの繋がりを構築することができます
学習項目 - ICT

生徒は将来必ず必要なデジタルスキルを身につけます。例えば

  • オンラインという内部接続されている環境上で遭遇する情報について、自分と他人が置かれている立場を理解し、賢明な判断ができる
  • 知識と理解を深め、将来開発されるであろう技術に対応する
  • コンピューターが引き起こす様々なエラーを特定し解決するために論理的に考えることができる
  • 生徒がコンピューター科学者としての意識を持ち、プログラミングや論理的思考スキルが、ローカルおよびグローバルな業界で役立っていることを理解する
  • コンピューター、データ、他の機械が日常生活においてどのように活用されているか理解する
  • 洗練された文書やプレゼンテーション作成するスキルを身につける
  • デジタル世界に、良い影響を与える人物になる
  • コンピュータープログラミングと、情報抽出のためのソフトウェアの利用方法を学ぶ
  • デジタル技術を安全に活用して、自分の心身の健康を守る
学習項目 - 科学

生徒は実践的な知識を学ぶとともに、科学的に物事を考えるスキルを身につけます。これは私たちの周りの世界を理解するには必要不可欠な能力です。 

  • 科学が身近な環境の中で、どのような役割をになっているかを学び、「科学は自分のためにある」という意識を芽生えさせ、科学と自分との関わりを見つけることができます 
  • このアプローチは後の段階においても、役に立ち、科学が得意科目になるだけでなくサステナビリティの問題や環境問題などにも非常に実用的なアプローチができるようになります
学習項目 - 体育

この科目は動くことと学ぶことを相互に連携しています。生徒の年齢に適したゲーム、体操やダンスを通じて身体能力を高めます。個人やチームメンバーとして、次のことを目的に行います。

  • 自分の身体をコントロールし、柔軟に多様な動きをすることで自信をつける
  • スポーツの概念、ルールや戦略や構成アイディアの理解を深める
  • お互いを尊重して責任を持った行動をし、適切かつ安全に参加する
  • 運動が健康的でアクティブな生活にどのように貢献するかを理解する
  • 身体能力、思考能力や社会性を発達させ、自発的また思慮深く行動できるように成長する
学習項目 - 美術

クリエイティブなスキルを持ち合わせた生徒は、将来様々な分野で活躍できる人材となります。この授業では、次のことを目的に行います

  • 芸術家としての自覚を持ち、内省する習慣をつける
  • 創造するための技術と、視覚的なコミュニケーション能力を身につける
  • 創造的、革新的かつお互いが影響される世界で、自分自身と他人が置かれている立場をわきまえる
  • 身体能力、思考能力や社会性を発達させ、自発的また思慮深く行動できるように成長する
学習項目 - 国語

日本語の授業では、基本的な文法から始まり、日本語を母国語としない生徒にもリスニング、スピーキングとライティングを行います 

  • 語彙力、文法や構文など
  • 基本から上級者向けの挨拶構文や、その他の定型句
  • ひらがなから漢字までレベル別に学習
  • レベル別のリスニングとスピーキング

前述した通り、 Kokugo 国語の授業は文部科学省の学習指導要領に従って行われます。

  • 前述した通り、国語の授業は文部科学省の学習指導要領に従って行われます。
  • 日本の大学に進学するにも不利になることはありません
ja日本語