学校の特徴

Why Louis Academy

完全認定カリキュラムの導入

  • ルイ・アカデミーでは2つの国際的に認定されたカリキュラムを導入しております。幼稚部は国際初等カリキュラム(IEYC)と小学部ではケンブリッジ・インターナショナルカリキュラムを採用しました。 
  • IEYCとケンブリッジ教育は世界中の多くの一流大学への進学や海外での就職時にも認められています。日本国内を含め世界中の1,400校以上の大学への進学の道を開くことができます。 
  • このカリキュラムは、深い学識と論理的な考察力、そして実用的な知識の取得に重点を置いています。 
  • ルイ・アカデミーの教員は、全員高度なケンブリッジの教育を受けた公認の教員であり、ケンブリッジ大学による専門セミナーを毎年受講しています。

バイリンガルカリキュラム

  • ルイ・アカデミーは英語のみのカリキュラムと環境を提供しております。ただ日本語とのバイリンガルを育成する目的で、日本語の授業もあり、JLPTと国語の二つのコースに分かれています。
  • JLPTのコースは、主に日本語を母国語にしない生徒のためで、小学校卒業時には日本語能力検定試験N3レベル、また高校卒業時にはN1レベルの取得を目指しています。それによって、日本の大学進学に有利になるだけでなく、就職の可能性も大きく広がります。 
  • 国語のコースは、日本の文部科学省定められた国語教育と同等のものを指導します。指導要領やカリキュラムや教材も日本の学校で使用するものと同一のもので、日本人の生徒の国語能力を維持し、日本の大学進学や企業の就職へのスムーズな移行を可能にします。

一人ひとりの個性に合わせた教育プログラム

  • ルイ・アカデミーでは全ての生徒の個性を認めます。一人ひとり個性があるからこそ、学習方法も様々ですし、複数の分野で頭角を現すこともあります。このことを踏まえ、ルイ・アカデミーでは一人ひとひの個性に合わせた教育プログラムを実践します。
  • この教育プログラムでは、生徒それぞれに合った方法で、出された課題や教材に挑戦できます。それによって、全てのクラスから知識を吸収する事ができるだけでなく、個々の学習を認め、称賛する事ができます。 
  • ルイ・アカデミーの生徒たちはそれぞれのペースで成長し、また制限なく課題にチャレンジすることができます。生徒は決して退屈したり、もしくは押しつぶされること事なく学習への意欲を発達させ、将来的にも繋げられることができます。

フルサービスの精神

  • ルイ・アカデミーでは全ての生徒の個性を認めます。一人ひとり個性があるからこそ、学習方法も様々ですし、複数の分野で頭角を現すこともあります。このことを踏まえ、ルイ・アカデミーでは一人ひとひの個性に合わせた教育プログラムを実践します。
  • この教育プログラムでは、生徒それぞれに合った方法で、出された課題や教材に挑戦できます。それによって、全てのクラスから知識を吸収する事ができるだけでなく、個々の学習を認め、称賛する事ができます。 
  • ルイ・アカデミーの生徒たちはそれぞれのペースで成長し、また制限なく課題にチャレンジすることができます。生徒は決して退屈したり、もしくは押しつぶされること事なく学習への意欲を発達させ、将来的にも繋げられることができます。

クラスの定員

プログラム

最大人数

アプレンティスとスクワイア

20

ナイトとコマンダー

20

ノーブル

10

小学部 G1 - G5

50 (1学年10名)

生徒と先生の比率

プログラム

校内や公園

校外活動

アプレンティスとスクワイア

1 : 6

1 : 5

ナイトとコマンダー

1 : 10

1 : 8

ノーブル

1 : 10

1 : 8

小学部 G1 - G5

1 : 10

1 : 10

保護者の方とともに

ルイ・アカデミーの強みの一つに組織文化が挙げられます。より良い組織を構成するには、学校コミュニティの全てのメンバーがまとまった家族のように機能する事が不可欠だと考えております。学校の運営の公平かつ透明性を確保し、リーダーシップの共有というアプローチをとっています。保護者の皆様には、学校でのボランティア活動、授業参観、コミュニティーナイトへの参加などルイ・アカデミーでのお子さんの教育に直接関わっていただきたいと思います。 

こちらがその一例です。

  • 毎日教員やスタッフと直接話す時間、もしくは連絡帳でのコミュニケーション。
  • ソーシャルメディアを使い日々学校の様子をアップデート。
  • 半年に一度行われる参観日、または保護者面談。
  • 年2回のコミュニティナイトでは、保護者と教員が子育てや育児に関して、専門的な知識を学びます。
規律・規範
  • ルイ・アカデミーでは高い学力と社会性の発達、そして責任感と思いやりを持った生徒を育む教育を信じています。 
  • 全ての生徒が「騎士道プログラム」という毎月一つの道徳的テーマに沿って、価値観やモラルに取り組みます。物語や、プロジェクト、ロールプレイなどを通して、社会的なモラルの規範を学びます。
  • ルイ・アカデミーの「ギルドアワードシステム」は、割り振られたチーム(ギルド)で協力して、学業や社会的規範となる行為をおこなっていきます。生徒が学校内外を問わず、積極的な行動を奨励し、評価する、楽しく競い合うチームベースのシステムです。 
  • ルイ・アカデミーでは社会的な行為を実践するため生徒は年一度、災害救援、環境浄化そして貧しい学校への支援などを行い、毎年地域社会への貢献活動に参加します。
さまざまな課外活動
  • 当校の包括的な教育の一環として、授業以外での場所でも、豊かで創造的な素養が求められます。このような観点からルイ・アカデミーでは幅広い課外活動を提供しております。
  • バレエ
  • ピアノ
  • ヴァイオリン
  • 格闘技
  • ダンス
  • ヨガ                  
ja日本語